本文へスキップ

高知 メガネのハマヤは、浜田清と久美のメガネ店です。

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-0171

〒781-2105 高知県吾川郡いの町新町66

子供用メガネ

お子様のメガネを作る場合

大人に比較して、メガネフレームやレンズを選ぶ際の注意点

1 活発に動く
活発に動いても、ズレ落ちづらいフレームを選んでください。

ズレ落ちづらいフレームとは、フィッティングしやすいフレームということです。
「超弾性素材」や「ゴムメタル」といった、いくら曲げても戻ってくる性質の金属を使ったメガネの場合、腕のフィッティングがほとんどできないフレームもあります。ご注意ください。

2、メガネの取り扱いが上手にできない
メガネを乱暴に取り扱うお子様は少なくありません。フレームは曲がってもたいていは修理できますが、レンズにキズが入ったら修復はできません。

レンズのキズは眼のためには良くありません。大きなキズが入ったら交換されることをおすすめします。
キズの入りづらいプラスチックレンズもあります。
このコーティングは、絶対にキズがつかないという訳ではありませんが、メガネの取り扱いが上手に出来ないお子様には有効です。

キズが入りづらいコーティングは、レンズ代金+¥2,000~です。
お子様は「度数も変化しやすい」ということもありますから、ご検討ください。

キズの面ではガラスレンズの方が強いのですが、ガラスレンズは「割れる、危険」という問題点があります。やはり安全面からいいましても、プラスチックレンズの方がよろしいかと思います。

3、レンズについて
お子様の場合、メガネの玉型も小さめですので、普通屈折レンズでも薄く軽く仕上げることが可能です。
ですから、超高屈折の非球面レンズなどの価格の高いレンズは、たいていは必要はありません。
度数も変化しやすいですから、お求めやすい普通屈折レンズか高屈折レンズを選ばれたらよろしいと思います。
こちら
ただし、中度以上の遠視のお子様の場合、レンズ中心部の厚みが目立ってきます。非球面設計の高屈折レンズか、超高屈折レンズに薄型加工をすることをおすすめします。

4、デザインも大事
最近のお子様はとってもオシャレに敏感です。オシャレなメガネでないと掛けてくれないお子様もおられます。

メガネは機能面もとても大切ですが、それ以上にデザインを優先させないといけないこともあります。
機能面とデザインと折り合いをつけることは、難しい面もありますが・・・。

5、スポーツの事も考える
体育の授業などスポーツのときにもメガネを掛けないといけないお子様もおられます。スポーツタイプのフレームがありますが、このフレームも激しいスポーツには適していません。

激しいスポーツには、眼の保護からいいましてもゴーグルタイプのメガネが望ましいです。

6、サイズも大事
お子様の場合、メガネのサイズ選びは大人以上に慎重にしてください。サイズが適切でないと、
・レンズの厚みが目立ちやすくなる。
・レンズ周辺部の歪みが気になる。
・ズリ落ちてきやすくなる。
・お顔からフレームが出っ張りすぎるので、危険。
・美的な問題もでてくる。
などの問題点がでてきます。
お子様のメガネはサイズを豊富に在庫しているメガネ店を選んでください。

それと、お子様に要求されるのは、充分な視力と共に、周囲を広く見ることのできる能力です。
視線を固定して見える範囲をいう視野だけではなく、眼を動かして固視出来る範囲をいう注視野の考え方も重要です。

それには、メガネの横方向に適度な大きさの玉型が必要です。
メガネサイズについて」もご覧ください。

当店は、細か~くサイズを揃えています。たとえば、この子供用フレームは、
・42□14 ・44□14 ・46□14 ・48□15 ・50□15
と在庫しています。
お顔に適切なサイズを選ぶことが可能です。

当店は子供用メガネの在庫は300本以上あります。

■子供用メタルフレームは『こちら』にどうぞ。
 

また、小児の視点が低いことを考えますと、上方への注視野も確保されたほうがいいです。
  ■子供用セルフレームは『こちら』にどうぞ。



7、不意のアクシデントも多いです
・友達とぶつかって、メガネが壊れた。
・運動中にメガネが曲がって、掛けられなくなった。
・友達がふざけて、メガネを曲げた。
・メガネを落として、踏んだ。
・メガネを紛失した。
など、実際にこういうことがあります。
お子様の場合、メガネがないと授業や運動に支障をきたすことも多いです。
修理などは日数がかかりますので、スペアメガネがあると安心です。

8、お子様用メガネの価格
当店のお子様用メガネはメタルフレーム、セルフレームとも¥25,000以内でご用意しています。
メガネの価格は、フレーム+レンズです。遠視や近視の度数に応じてレンズを選択してください
詳しくは『こちらに
メガネ一式¥18,000のメガネセットもご用意しています。

  ■子供用樹脂フレームは『こちら』にどうぞ。



9、 臨界期について
 臨界期とは、生後の初期に適切な視覚刺激を受けなければ、正常な機関が発達しないある一定期間のことです。

人間の臨海期は、生後六ヶ月から9歳位までです。

人間の眼にとって、一生を左右する期間が臨界期です。
もし、この期間に正常な両眼視、且つ高度な視機能が確立されなければ、将来的に立体視などの深径覚が悪くなる恐れがあります。

とても大切な臨界期に、遠視、近視、乱視、不同視、斜位などで、メガネ矯正が必要な場合、必ず適切なメガネを掛けるようにしてください。

以上の事を踏まえて、お子様のメガネ選びをしていただきたいです。

こちらにもどうぞ→子供メガネ研究会
 ■子供メガネ研究会オリジナルセルフレームは『こちら』にどうぞ。


■遠視のお子様の場合

眼が発達段階のお子様は、遠視のかたも少なくありません。

遠視の眼は絶えず眼の筋肉を使って調節(眼球の中の水晶体を厚くして、ピントを合わせる働き)をしている眼です。(未矯正の場合)遠くを見るときも調節しますし、近くものを見るときはもっと調節します。
それで、眼が疲れたり、肩がこったり、集中力がなくなったりなどの症状がでてきやすくなります。


遠視とは、眼が全く調節を行っていない(例えば無限遠方を見ている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より後に結像してしまう状態をいいます。
この状態では、ものがハッキリと見えませんので、調節機能で焦点を網膜上にもってくるようになります。
常に毛様筋を使い眼が緊張しているため、眼が疲れやすくなります。

5メートル視力表での視力測定の結果がいいから正視だと勘違いしている人もいるようですが、視力1.2以上の人の中には、正視の人の他に遠視の人もいるので注意が必要です。

お子様は、遠くの視力だけではなく、近見視力の検査も必要です。

遠視が原因でおこる斜視があります。

調節に伴って、両眼が内側に寄る眼球の動きがおこります。これを輻輳といいます。
近くのものを見るために強く調節すると、それに伴って強い輻輳がおきます。
すると、強い輻湊のために「調節性内斜視」になる恐れもでてきます。


↑正位
無限遠方を見ているときは、両眼の視線がほぼ真っ直ぐ正面に向いています。
両眼とも網膜の正常な位置に結像します。

↑内斜視
無限遠方を見ているときに、片眼は内側を向いています。
片眼が網膜の正常な位置に結像することができません。

こちらもご覧ください→「抑制について

たいていの調節性内斜視は、眼鏡をかけることによって治ります。
ですから、遠視のかたの矯正は近視のかたよりも大事になります。

遠視のお子様は定期的に眼科を受診されて、上質の両眼視機能が働くようにしておいてください。

・遠くは良くみえるが、近くが見えづらい。
・遠くも近くもボヤケル。
・眼精疲労があり、頭痛や肩コリもある。
・根気、集中力がない。
・視線がなんだかオカシイ。

の症状があるお子様は遠視の可能性もあります。

■調整(フィッティング)の重要性


フィッティング調整は、大人のメガネの場合も大事ですが、それ以上に小児のフィッティングは重要です。
調整が良くないと、どんなフレームを選んだとしても、光学的、力学的条件が満たされないので、正常な視機能が発揮できないからです。
これは、小さなお子様にとって大きなダメージになります。

メガネのハマヤでは、浜田清が丁寧にお子様のお顔に合わせて、フィッティングをいたします。
フィッティングは、お子様のお顔に合わせて枠の横幅を合わせます。そして鼻に当たる部分の「パッド」を整え、耳にかかる部分の「先セル」の曲がりを整えていきます。

お子様の場合、大人と比較して肌がやわらかいですから、より慎重にフィッティングをしていきます。
パッドの当たりがフィットしていないようでしたら、パッドの種類を交換をいたします。
鼻柱がまだしっかり出来ていないお子様の場合、パッドを交換することによって鼻へのすわりがグッと良くなります。
■セル枠にパッドを取り付けることもできます→「セル枠の改造

セル枠の固定式パッドは「変形することが少ない」というメリットがあります。
その固定式パッドを改造することもできます。

お子様の鼻の形状に適合するように改造していきます。
  
耳にかかる先セルの具合が悪ければ、先セルの交換もいたします。(出来ない枠もあります)
先セルの交換もできますが、必要に応じてズレ落ち防止の部品を取りつけることもできます。これをつけることによって運動の時などは有効です。

それと、活発に動くお子様の場合はメガネを再三曲げることも多いです。曲った場合はそのまま掛けるのはよくありませんので、曲ったら、こまめに直しに来てください。

また、育ち盛りですから、お顔の大きさも変化してきますので、お顔に合わせて整え直しも必要です。

■お子様供用メガネの保証と修理について

お子様の場合は、度数も変化しやすく、メガネレンズにキズをつけてしまうことも少なくありません。

*そんなときのために、当店はメガネをお買い上げ後一年間内の特別保証制度があります。

また、お子様はメガネの扱いが荒っぽくなることが多く、メガネが破損したり、修理になることも少なくありません。
修理の場合は、日にちがかかることもありますので(チタン枠はほとんどがメーカー修理になります)
できましたら、お子様のメガネはスペアものを一本常にご用意していただけるのが理想的です。

*そんなときのために、当店はスペアメガネを特別価格で提供いたしております。

詳しくは店内にてご相談ください。

なお、当店は弊害が多い、眼科処方箋による無料保証はしていません。
詳しくはこちらをご覧ください。→「特別割引制度と無料保証について

 ■0歳児からの幼児用メガネフレームです。
幼児用メガネフレームは、お子様に合わせてカスタマイズできます。
当店在庫は「ケーブル+バンドタイプ」です。

カスタマイズは
「バンドタイプ」、「ケーブルタイプ」、「たすきタイプ」、「T字タイプ」、「ゴーグルタイプ」があります。

 
  
■スポーツと勉強。どちらにも使用できる2WEY機能付きのメガネです。

詳しくは『こちら』にどうぞ
 ■いろんなメガネケースもご用意しています。
メガネ一式お買い上げのかたに、サービスしているケースです。↓
(他にもたくさんお子様用メガネケースをご用意しています)
 
 ■お子様用メガネ 300本以上在庫しています。


 

shop info店舗情報

高知 メガネのハマヤ

〒781-2105
高知県吾川郡いの町新町66
TEL.088-892-0171
定休日 毎週木曜日
営業時間 午前9時~午後7時