本文へスキップ

高知 メガネのハマヤは、浜田清と久美のメガネ店です。

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-0171

〒781-2105 高知県吾川郡いの町新町66

技術者と販売者の違い

メガネ店は店主的要素、技術的要素、価格的要素、立地的要素、品揃え的要素、サービス的要素、接客的要素、これら全てを満足できる眼鏡店こそ、本当に良い眼鏡店といえます。
しかし、メガネ店はそれぞれ特徴があり、ひとつのメガネ店が全てに良いということはありません。

メガネ店選びはHPやチラシ広告などを参考に、店の経営方針や経営姿勢を検討し、「技術優先の技術者タイプのメガネ店」か「販売優先の販売者タイプのメガネ店」の選択をしてください。

販売優先のメガネ屋は経営効率重視ですから、技術的要素にはあまり時間をかけません。
それよりも、直接売上げに繋がる要素には手間を惜しみません。
宣伝は、常に消費者の購買欲をそそる「〇〇%割引」、「期間限定」、「〇〇無料」、「○○円オールインワンプライス」とかの言葉を駆使し、年中、大量の広告展開をしていきます。
当然、広告費用は莫大なものになりますから、宣伝でより多くの人にメガネを購入してもらわないといけません。

しかし、高知県は人口が少ない上、販売優先のメガネ屋間の競争も熾烈になってきています。
おのずと、販売員に求められるものは、巧みなセールストークを駆使しての購入金額の単価アップや、もしくは利益率のいい商品の積極的販売になります。

販売優先のメガネ屋の第一目的は、規模の拡大、シェアーの拡大等の量的なものになります。

技術優先のメガネ屋は技術重視ですから、販売的要素にはあまり力を入れていません。
それよりも、お客様に技術力で感動していただけるためには、手間を惜しみません。
宣伝は、常に控えめで「人間重視」の広告展開をしていきます。

人間重視の広告は安直に購買欲をそそるようなものではなく、小難しいことをゴチャゴチャと書いています。
ですから、より多くの消費者にメガネを購入してもらうことはできません。
しかし、技術優先のメガネ屋は、一人一人のお客様に合ったメガネをじっくり作りたいので、大勢の人に知れ渡る必要はありません。
口コミで来店していただけるように努力をしていきます。

技術優先のメガネ屋で注意してもらいたいのは、説明がしつこいので、思わく時間がかかるときがあります。
お時間ゆとりをもって、店主の人間観察などを楽しんでください。
店主から「お客様には、ぜひこのメガネを掛けてほしいです」って言われたら、店主の言う事を聞くのも一つの方法です。

技術優先のメガネ屋の第一目的は、メガネでお客様の持っている視機能を最大限発揮してもらい、快適な視生活を送ってもらいたいなどの、質的なものになります。
 
高知で上手なメガネ店選びのヒント1へ
 

shop info店舗情報

高知 メガネのハマヤ

〒781-2105
高知県吾川郡いの町新町66
TEL.088-892-0171
定休日 毎週木曜日
営業時間 午前9時〜午後7時