本文へスキップ

高知 メガネのハマヤは、浜田清と久美のメガネ店です。

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-0171

〒781-2105 高知県吾川郡いの町新町66

検査情報 1

人間には右眼と左眼の二つの眼があります。
モノを見るのには、その二つの眼を上手に使って見るのが理想です。
もし、二つの眼が上手に使えていなければ、遠近感は悪くなり、眼の疲れや、時々モノが二つに見えるなどの症状があらわれることもあります。

「両眼の協調はとても大切です」

メガネの度数を決めるときの視力測定も、両眼の協調を考えて検査しなければいけません。
日常視とは違う(左右眼の協調性のない不自然な状態)方法で測定する、単眼視検査(左眼を遮蔽して右眼を測定し、次に右眼を遮蔽して、左眼を測定する方法)だけでは、適切でない度数が測定されてしまう場合があります。

メガネのハマヤでは両眼の協調を考慮に入れて、「両眼開放屈折検査」でメガネ度数の測定をしています。

両眼開放屈折検査とは偏光板を使った特殊な装置で、両眼を開けたままで、右眼と左眼を別々に測定します。
この検査方法は単眼視検査に比較して、より日常視に近い状態で測定することになりますから、非日常的な単眼視検査結果とは、乱視の度数、乱視の軸(方向)や近視、遠視度数の強弱のデータに違いがでることがよくあります。

たとえば、弱度の遠視系の人が、単眼視検査では近視系に測定されてしまうこともあります。
これは眼の*調節力が強くて(不安定で)、不自然な単眼視だと過度に緊張してしまって余分な調節力を使うために起こる現象です。
それだけ、人間の眼というのは微妙(正直)だということでしょうか。


*  調節力(調節機能)とは

私たちがモノを見たときピタリとピントがあって見えるのは、眼に入ってきた光が網膜上にきちんと焦点を結ぶからです。
しかも眼は、ある一定の距離のモノだけ見えればいいわけではなく、私たちの生活の場面に応じ、様々な視距離のモノを見なくてはなりません。


たとえば上図は、無限遠方のモノを見てピントが合っている状態(網膜に焦点が結んだ状態)を表していますが、眼が全くこのままの状態で近くを見ると、下図のように焦点は網膜より後ろにいってしまい、モノがボケて見えます。


そこで眼はカメラのレンズのように、見たい距離に応じて屈折力(光線を曲げる力)を変化させ、焦点を網膜上に合わせる機能を持っています。
これを眼の調節機能といい、その役割を「水晶体」とよばれる眼の中にあるレンズで行っています。
上図のような場合は、水晶体を膨らませることでより強い屈折力を得、下図のように網膜上に焦点を合わせています。


人間は近くを見るとき、毛様体とよばれるところにある筋でこの水晶体を膨らませてピントを合わせるわけですが、水晶体を薄くするとき(遠くを見るとき)は筋をゆるめるだけでいいので、遠くを見るよりも近場の作業の方が眼が疲れるわけです。
すなわち人は遠くを見ているときが一番楽だということですね。
ちなみに老眼(正しくは老視)とは、加齢による老化でこの水晶体が硬くなってしまうことや毛様筋が弱ってしまうことにより、水晶体を膨らませづらくなった状態をいいます。

実は遠視系の人に限らず、メガネ度数の測定に、ほとんどのかたが多かれ少なかれ緊張されます。
適度の緊張は問題はありませんが、過度の緊張は度数測定に影響を及ぼします。
いかに過度の緊張させないようにするかが、メガネ度数測定のミソでもあります。

過度の緊張を取り除く意味でも、両眼を開けたままで測定する方法は理にかなっているといえます。
両眼視検査と単眼視検査とはあきらかに、精度に差がでてきます。
「両眼開放屈折検査は優れています」これは、30年間さまざまな人の眼を測定してきている私の実感です。

メガネのハマヤでは、その他にも過度の緊張を取り除く工夫をしています。

●不安感も緊張を強くしますので、不安のないように何の測定しているかの説明をしながら検査をします。
●測定者の人物像がわからないと不安なので、不安のないように、浜田清の経歴、考え方などををHPで紹介しています。
●視力表、測定装置に緊張が少なくなるように独自の工夫をしています。

では、緊張が強くなる視力表、測定装置とはどんなものでしょうか。
車などの免許をお持ちのかたは、免許センターでの視力検査を思い出してください。
サイドバーを両手で持って、額をつけて、のぞき穴から見る視力検査装置を。

←免許センターで使用している視力検査装置

免許センターの視力検査装置は日常視とはまったく違います。

これでは緊張して視力が不安定になるのは当たり前ですね。
この装置のメリットは「設置スペースが少なくてすむ」、「測定スピードが速くなる」などですが、実際には車の運転は、のぞき込んですることはありませんので、理にかなっていません。
でも、一日に大勢の人の更新をしなければいけない免許センターでは、スピードアップも求められるので、効率的な点では、理にかなっているといえます。

しかし、快適なメガネ度数を正確に測定をしなければいけないメガネ屋が、スピドーアップの目的で、緊張しやすい測定装置(額をつけてのぞく方式で、かつ視力表が接近している測定装置はもっとも緊張します)だけで度数を決定するのは望ましくないわけです。

自店でも、その緊張をしやすいのぞき込み式の測定装置(ビジョンテスターといいます)が得意とする測定方法もありますので、使用する場合もありますが、この装置だけで度数を決定することはありません。
必ず最終チェックは両眼を開放した状態で左右のバランスなどを確認します。

なお、眼鏡店の中には、非常に低いレベルの店もありまして、度数を自動的に測定する装置(オートレフといいます)のデータを多少調整するぐらいで、ちゃんとした屈折検査をせずに、おしまいの店もあるようです。
この測定装置は測定者がスイッチを押すだけで、あらかたの度数がでてきますので、まったくの素人でもつかえますが、オートレフのデータは、あくまでコンピューターの機械的なデータあり、正しい度数に導くための目安(とっかかり)にしか過ぎません。
ほぼそのデータだけでメガネを作るのは無茶というものです。

 ↓ビジョンテスター

「ビジョンテスター」というこの検査用具を使用して屈折度数を測定すると、「器械近視」といって、眼の屈折状態がより近視側に測定されることがあります。

それは、筒のようなものを不自然な状態でのぞきこむことにより、「調節力」が影響を受けるからです。

つまり、不自然な検査用具を使用しての測定は、過度に緊張してしまって、水晶体を膨らませる調節機能が強くおこなわれやすくなり、屈折度数が近視側に移行しやすくなるのです。
この現象は、調節力が旺盛にある若い人ほど、おきやすいです。

過度に調節機能がおこなわれている状態は、乱視や眼位にも影響します。

ビジョンテスターでの検査とテストフレーム検査とでは、乱視度数、乱視軸、眼位が違っている・・・というのは珍しいことでありません。
 また、ビジョンテスターでの検査は
・眼と器械の位置関係が正常でないと、レンズのプリズム作用が生じることになり、正確な検査ができません。

動かないように・・・と思うと、緊張感を呼ぶことがあります。

検査中にお客様の表情の変化などもこの器械を使用すると観察しづらいです。

当店は、テストフレームを使用して、両眼開放屈折検査で屈折検査、眼位検査、視機能検査をしていきます。

楽な姿勢で、リラックスして検査に臨めます。

より自然なテストフレームでの検査は、ビジョンテスターでの検査よりも日常に近い検査方法です。
  テストフレームでの検査は、まずお客様のお顔に合わせて、テストフレームの調節(セッティング)をしていきます。

この作業は重要です。テストフレームが適切な位置にセッティングされていないと、正確な検査ができません。

当店が使用しているテストフレームは
・左右PD
・前傾角
・鼻幅、角度
・テンプル長
の調節ができるようになっています。

↑このセッティングでは、正確な検査ができません。

↑テストフレームを調節して正しいセッティングをしていきます。
また、メガネ作りも過度の緊張をいかに取り除くかがミソなのです。

なぜなら
●「遠視、近視、乱視、老視」、があると見たいけどスッキリ見えない、疲れるなどの症状がでて、結果、無理して見ようとするので緊張します。
●左右のバランスが悪ければ、遠近感なのど機能が弱くなり、緊張してモノを見ることになります。
●「左右の視線の角度のズレ(斜位といいます)があると、焦点が合いづらくなり、緊張します。

特に、斜位が強いと両眼の協調がもの凄くやりずらく、時々モノが二つに見えたりすることがあります。
モノが二つに見えることをなんとか回避して、焦点を合わせようと、かなり努力をしなければいけなくなるので、眼と脳がもの凄く緊張します。
緊張すると、眼精疲労はもちろんのこと、首、肩コリもおこり、片頭痛も発症して、吐き気を催す場合もあります。
ですから、斜位の測定は重要ですけど、この検査をキッチリやっているメガネ屋や眼科は少ないです。
理由は
●斜位そのものの知識がない。
●斜位を測定する装置がない。
●斜位を測定する技術がない。
●斜位を測定しなくても問題がないと考えている。
●時間のかかる斜位の測定が面倒だ。
などです。

繰り返しになりますが、斜位の測定は大事です。眼位(視軸の向き)のズレを見逃すと、いろんな悪い症状がでてくる場合があります。キッチリと斜位の測定をしているメガネ店でメガネをお求めください。

・斜位に関しては『こちら』にもどうぞ。

検査をまとめますと
検査の手順
@ コンピューターでお客様の眼の度数を調べます。これは器械に顔を乗せるだけで、こちらで測定します。
お客様は何もおっしゃらなくてけっこうです。
コンピューターがお客様の眼の度数をあらかた測定したデータがでてきます。
A 裸眼視力の検査に入ります。ここからは、お客様の応答を必要とします。
検査中は眼を細めたりしないで、視標が見えなかったら、「見えない」とお答えください。
B 眼位(視軸の向き)の検査をしていきます。
眼位は不安定なかたも多いので、いろんな検査方法を駆使して眼位測定をし、時間がかかる場合があります。
C 両眼開放屈折検査をします。両目はあけているけれど、特殊フィルターレンズを使用して、右眼と左眼を別々に検査します。
両眼開放屈折検査は、片眼を遮蔽しての検査と比較して、より日常視に近い検査になります。いわばより自然な検査です。
D 立体視の検査をしていきます。大型免許をお持ちのかたなどに必要な検査です。
精密立体視もやります。
E 両眼調節バランステストで、両眼のバランスをチェックしていきます。ここで細かくバランスを整えます
。快適なメガネ作りには、この作業が肝心です。
F 両眼調節バランステストの結果を基に、検査距離5mでの基本度数(完全矯正度数)を測定します。
基本度数から、お客様のご希望などをお聞きしまして、調整した度数で装用テストに入ります。
G 装用テストでは調整をした度数で、実際に体験をしていただきます。
メガネを掛けて歩行をしたり、遠方の景色や、近くのモノなどを見ていただきます。
この時に、度数に対する違和感や見え方をお尋ねいたします。「なんだか足元がこわい」、「柱などが、少しかたむいて見える」、「見え方がいまいちだ」とか、ご遠慮なくおっしゃってください。
ここからは、お客様の判断に委ねる部分が多くなりますので、お時間をかけて、ゆっくりと装用テストをしてください。

調整度数で違和感もさほど感じず、見え方にも問題がなければ、度数はあっさり決定できるのですが、往々にして、「見え方はいいけど、違和感がある」、「違和感は少ないけど、見え方がいまいちだ」ということがおきます。
そんな時は、浜田 清が30年の眼鏡士歴を生かしたアドバイスをいたします。
度数の選択は、最終的にはお客様のご判断に委ねますが、見え方優先か、違和感の軽減を優先するかの判断に迷われたときは、ちょっと先の事も考えて見え方を優先された方がいいかもしれません。(ケースバイケースですけど)
H ここまで、検査の流れをご説明いたしましたが、この検査はすべての人に行なうわけではありません。
私が不必要だと判断した検査は、お客様の負担になりますので、いたしません。
また、これまでの検査以外にもいろんな検査があります。

●眼精疲労のあるかた
●一つのモノが、時々二つに見えるかた
●パソコン作業で、疲れるかた
●大型免許や、2種免許をお持ちのかた
などは、他の検査が必要になりますので、お時間にゆとりを持ってご来店ください。
また、眼の訓練の方法なども説明いたします。.


全国の斜位の測定をキッチリとやっているメガネ店です。↓
                            「視覚機能研究会」

メガネのハマヤでは緊張症状を緩和して、快適に楽にモノを見ることができるように、上手にメガネ作りをしていきます。
深視力計を用いた測定および練習もしております。詳しくは→「深視力メガネ」をご覧ください。

 
検査情報2へ
 

shop info店舗情報

高知 メガネのハマヤ

〒781-2105
高知県吾川郡いの町新町66
TEL.088-892-0171
定休日 毎週木曜日
営業時間 午前9時〜午後7時