本文へスキップ

高知 メガネのハマヤは、浜田清と久美のメガネ店です。

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-0171

〒781-2105 高知県吾川郡いの町新町66

白内障術後のメガネ

■白内障術後のかたのメガネ 事例2

白内障の手術(左眼のみ)をされた60歳代のかたです。

眼科発行の眼鏡処方箋をご持参されました。

眼科処方度数
R そのまま
L S−4.50D

手術前に掛けられていたメガネは、当店処方で
R S−4.25D C−0.75D Ax120 4.5△B.D. 1.5△B.I.
L S−6.50D C−0.25D Ax70 4.5△B.U. 1.5△B.I.
(Sは近視度数、Cは乱視度数、Dは度数の単位、Axは乱視軸。
△は斜位のプリズム量、Bは斜位の方向です)

斜位があり、斜位をプリズム矯正しないとモノが二重に見えるかたです。

今回の眼科の処方では、右眼のレンズは「プリズム矯正をしている」レンズを使用して、左眼だけ「プリズムなし」レンズで作りなさいという指示です。

それで、処方箋通り
R S−4.25D C−0.75D Ax120 4.5△B.D. 1.5△B.I. (そのまま)
L S−4.50D 
で、試してもらいました。

すると「良く見えるけど、片眼だけで見ている感じになる」ということでした。
これでは具合が悪いので、当店での検査を要望されました。

当店での検査(両眼開放屈折検査)度数は
R (0.5×S−4.50D C−0.75D Ax120 5.0△B.D. 2.0△B.I.)
L (0.9×S−3.75D C−0.75D Ax165 5.0△B.U. 2.0△B.I.)
(0.5、0.9は矯正視力です)
でした。
やはり、上下斜位と水平斜位があります。このかたには適切な斜位の矯正が必須です。

お客様とご相談の結果、当店処方で調製することになりました。

調製度数は
R S−4.25D C−0.75D Ax120 4.5△B.D. 1.5△B.I.
L S−3.75D C−0.75D Ax165 4.5△B.U. 1.5△B.I.

です。

このかたは上下斜位が強いかたですから、眼科処方箋通りに調製していたら、正常な両眼視ができなくて抑制が生じる恐れがあります。
 
眼球は外界の情報を集める役割で、両眼からの情報を融像して、ハッキリ見えさせるのは脳の役割です。
つまり、「脳で見ている。脳で感じている」ということです。」
 
右眼と左眼の連動がよくないと、眼と脳の関係が悪くなるり、脳は眼からの情報を拒絶することがあります。
これが「抑制」です。

眼科では、手術をしたのは左眼だから左眼の単眼屈折検査をして「左眼だけ」の処方をしたのでしょう。
眼位のことは考慮に入れずに。
単眼屈折検査→
両眼開放屈折検査→
そもそも、この眼科では、「プリズム入りメガネ」を掛けていたことを把握していたのかどうか。
(光学的知識があれば、メガネ検査で「プリズム入りメガネ」ということは分かるはずです)
おそらく、わ か って い な い。

わかっていたとしても眼位を丁寧に検査して、適切に斜位の矯正をすることができるかどうか。

眼科は、左眼の手術をして左眼がよく見える度数を処方したのだから、「眼科的には問題ない」。
光学的知識を必要とする両眼の連動(視機能)に関しては、専門外です・・・・ということなのでしょう。

もし、眼科処方箋通りに調製して、具合が悪かったとしても眼科は結果責任をとりません。

今回、当店処方で調製しましたから、お客様と当店の共同責任になります。
手術後は、度数や眼位が変動することもありますので、その場合も共同で対処することになります。




この眼科は、患者さんに言うアドバイスはいつも「無料補償をしているメガネ店でメガネを買いなさい!」です。
もー、それしか言わない。メガネの技術的、アフターケアなどの内容などはどうでもよく、ひたすら、無料、無料と。



マズイ処方で具合が悪かったとしても、尻ぬぐいをしてくれるメガネ店へいきなさい・・・と。
だけど、結局眼位を考慮に入れた適切な処方ができないと、何度やり替えても上手くはいきません。

眼科医は眼位を整えるプリズム矯正や、視機能、屈折(遠視、近視、乱視)などに興味がないかたも少なくありません。

それも仕方のない面もあります。眼科医は病気を治すことが本職ですから、そこまで手が回らない事情もありますでしょう。

それなら、それで、眼科で眼鏡適用とみなした人に対する眼鏡処方については、眼鏡店でも処方が可能だと考えられる場合には、眼科では眼鏡の度数を決めないで、その度数選定は眼鏡店の眼鏡技術者に委ねてもらいたい・・・と思います。

そうすれば、結果責任はユーザーとメガネ店になりますから、責任の所在もハッキリしますし、眼科は「無料補償のあるメガネ店へいきなさい」という無責任なアドバイスもしなくてよくなります。
でも、現実は「無料、無料、無料のメガネ店へ!」処方責任逃れを目的の一つとして、それしか言わない眼科が増えてきているのは、なげかわしいことです。
また、いくら商売のためとはいえ、倫理的にも問題がある理不尽な要求を受け入れるメガネ店もメガネ店です。(メガネ店は弱い立場ですが)
 
白内障術後のメガネ 事例3へ

白内障術後のメガネへ

shop info店舗情報

高知 メガネのハマヤ

〒781-2105
高知県吾川郡いの町新町66
TEL.088-892-0171
定休日 毎週木曜日
営業時間 午前9時〜午後7時