本文へスキップ

高知 メガネのハマヤは、浜田清と久美のメガネ店です。

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-0171

〒781-2105 高知県吾川郡いの町新町66

フィッティング情報

「フィッティング技術」はメガネを作るうえで、絶対にかかせない要素です。
「メガネを生かすも殺すも、フィッティング次第」といっても過言ではありません。
それは、お顔の大きさ、耳の形、鼻の形はみなさんさまざまですから、お顔に合わせて、キッチリとフィッティングすることによって、はじめて「光学的要素」「力学的要素」「美的要素」が満たされるからです。

「光学的要素」とはメガネレンズの光学的機能が正しく発揮できるように、主にメガネの「前傾角」や「そり角」、「角膜頂点距離」を整えることです。

「前傾角の調整」とは、メガネの用途に応じてメガネの角度を調整することです。
老眼用にメガネを作る場合は前傾角はやや深めに調整します。車の運転用など遠方視用にお作りする場合はやや浅めの前傾角にします。遠近両用メガネの場合は中間ぐらいの前傾角にします。

特に、遠近両用メガネの場合は視線をメガネの上方から下方への移動をしなくてはいけませんので、前傾角の微妙な調整が必要になります。前傾角が変化すると近用部の視野の広さや下方部への視線の入りやすさが変化します。

「そり角の調整」とは、メガネの用途に応じてメガネのカーブを調整することです。
視線とレンズの光軸ができるだけ一致するように整えます。

「角膜頂点距離の調整」とは、レンズ後面と角膜までの距離を左右が揃うように整えたり、レンズ度数により距離を調整したりします。角膜頂点距離が変化すると度数の矯正効果も変化します。
頂点間距離を短くすることにより、違和感を減らすことも可能です。

「前傾角」、「そり角」、「角膜頂点距離」のいずれも、「前のメガネの調整具合」、「使用目的」、「首を傾けて見ているなどの癖」などを考慮に入れてフィッティングいたします。

光学的要素が満たされていないフィッティングですと、レンズの命である光学的機能が発揮できません。

「力学的要素」とは、メガネがズレ落ちないように、かつ耳や鼻が痛くならないように整えることです。
メガネがズレ落ちないように調整ができても、痛みがでるようであれば、なんにもなりません。その加減が技術者の腕の見せ所でもあります。
お顔に合ったキッチリとしたフィッティングが施されると、痛みもなくお顔とメガネがすいつくような感覚になり(まるでマグネットでもあるような感覚です)、ピッタリとフィットしてズレ落ち辛く、耳や鼻に心地よく掛かります。このフィット感覚は、本当に気持がいいものです。

耳まわりのフィッティングは、耳よりも前のモミアゲやこめかみをメガネの腕(テンプル)で強く押さえることのないフィッティングをします。
ここを押さえると、窮屈で痛みを感じやすく、それでいてメガネがズレ落ちるのを防ぐ効果がなく、逆に枠全体を前に押し出す力がかかってしまうので、かえってズリ落ち易くなります。

耳の後ろは巧くそらしを付けて合わせます。
耳の後ろ部分は、人さまざまでいろんな形がありますが、へこみがあるかたが大半で、そのかたにはフレームの腕先に緩やかなそらしをつけて、メガネの腕で頭を抱えるようにフィッティングします。

  
↑こめかみを圧迫しないように、テンプルにゆるやかな湾曲をつけています。
頭部を抱え込むようにフィティング調整しています。

↑お顔の幅に合わして、適切にフィッティング調製をしていきます。
  
↑そらしをつけています。
  
↑耳の後ろの形状に合わせてフィッティング調整をしていきます。
 

 ↑スポーツの時にも使用するメガネで、ずれ落ちにくいようにテンプルに二段曲げ調整をしています。

ただし、「少しでもズレたらイヤだ」というかたもいらっしゃいます。そんな時は、メガネの腕を少し伸ばし気味に調整して、耳にまきつけるような部品をつけることもあります。

また、パッド(鼻当ての部品)を交換することによって、ズレ落ちを防ぐことも出来ます。
パッドの種類は沢山ご用意しておりますので、鼻の形や装用感に応じて交換いたします。

【お客様の中には、「横幅をもっと強く締めてください」とおっしゃるかたもおられますが、横幅(コメカミ付近)は強く締めてもメガネのズレは解消されません。それどころか強く締めれば、メガネが前に飛び出す要素が出てきて、よけいにメガネがズリ落ちます。

コメカミ付近は少しあけるか、もしくは軽く触れる程度にしたほうがいいです】


力学的要素が満たされていないフィッティングですと、快適な視生活はおくれません。

「美的要素」とは、主にメガネの水平ラインを整えます。人間の顔というのは必ずしも左右対称にできているわけではありません。厳密にいえば、みなさん左右の目の高さや眉の高さ、耳の位置が違います。左右の違いを考慮に入れて、お顔とメガネが調和するように整えていきます。

美的要素が満たされていないフィッティングですと、他人から見られた印象が悪くなります。


フィッティングの大切さがおわかりになりましたでしょうか。
眼鏡技術者ならば、必ず習得しなければいけない技術なんです。
それほど、大切なフィッティング技術ですが、この大切な技術をおろそかにする店は、残念ながら日本では少なくありません。
それは、眼鏡技術の中でもフィッティング技術は、機械化できないからです。機械化ができないということは、熟練した技術者になるには相当な時間を要します。時間がかかり、売上効率の悪い「技術力」は売上重視の店では軽視されているのが現実です。
メガネの通販業者にいったては、技術軽視どころか、技術放棄ですからね。何をか言わんやです。

では、フィティング技術に力を入れている店と、そうでない店との違いはどこにあるのでしょうか。
フィッティング技術をキッチリとやる店は、「レンズを入れる前にフィッティングをします」

なぜかといいますと、
●レンズを入れる前(メガネとしての完成品になる前)にお顔に合わせてフィッティングすることによって、その枠を購入するかどうかを最終的に検討ができます。(もし、フィッティングをしても、かけ心地が悪いようでしたら、枠を変更していただきます)
●もし、枠に不良があれば、この時点で発見できる可能性が高いです。(もし、調整中に破損するようなことがあれば、もちろん交換させていただきます)
●レンズを入れる前のほうが、入れたあとよりもはるかに調整がやり易いです。(完成品後も、もちろんフィッティングはできます。微調整をすることも多いです)
●仕上がりを取りにこられるときも、メインのフィッティングはしていますので、お渡しするのがスムーズになります。(もし、代理のかたが取りに来られても、調整済みですから大丈夫ですし、仕上がりを郵送することもできます)

このように、「レンズを入れる前のフィッティング」は大切です。
さらに肝心なのは、「レンズを入れる前にフィッティングをしないと、レンズの光学中心の正しい設定(心取り)ができない」ということです。

「光学中心の正しい設定」とは、レンズの光学中心を使用目的や目の位置によって、玉型のどの位置にするかを決めることです。
正しいフィッティングをしていない状態では、正しい光学中心の位置取りはできません。
ですから、「レンズを入れる前のフィッティング」は絶対にしなければいけないことなのです。

フィッティングをマトモにしない店で、良いメガネは作れません。フィッティングをキッチリとする店でメガネをご購入してください。

こちらもご覧ください→「他店で購入されたメガネのフィッティング調整について」←クリック

フィッティングについて解説いたしましたが、どの枠でも適切なフィッティングができるというわけではありません。
たとえば、セル枠は鼻当ての部分が固定の枠が多いので、そこの調整は難しくなります。
枠の手の部分が弾力の強い素材で直線的なデザインでは、お顔を抱え込むような快適なフィッティングはやり辛いです。

ですから、メガネ枠選びもとても重要です。ファッション性と実用性を天秤にかけてメガネ枠を選択してください。

浜田 清と久美が適切なアドバイスをいたします。





 フィッイング調製は、まずお客様のお顔の観察から始まります。

人間の顔といいますのも、左右対称のかたはほとんどいません。
頭部の形も多かれ少なかれ、みなさんイビツ(表現が悪くてすみません)になっています。
耳の高さが左右で違うかたも少なくないですし、眉の位置、眼の位置もみなさん多少は左右で異なっています。

適切なフィッティングができていないメガネを掛けますと、メガネとお顔の調和関係が崩れてしまいます
もちろん、メガネ調製の大切な3要素は満たされません。
  
・正面から見て、
メガネと眼と眉毛の位置関係をチェックします。
 
 ・上から見て、左右の頂間距離をチェックします。
  
・横から見て。前傾角、頂間距離のチェックをします。
  
・正面から見て、鼻根部のチェックをします。
  
・横から見て、耳介部のチェックします。

■セル枠にパッドを取り付けることもできます→「セル枠改造」←クリック

■フィティングをするための工具で、ヤットコ類です。↓これらの工具を駆使して的確なフィッティングをしていきます。
工具が多ければいいというものでもありませんが、技術に力を入れているかどうかは工具類の多寡も判断材料の一つになります。

 

shop info店舗情報

高知 メガネのハマヤ

〒781-2105
高知県吾川郡いの町新町66
TEL.088-892-0171
定休日 毎週木曜日
営業時間 午前9時〜午後7時